英和タイトル 
 ホームページ  貯水槽清掃  更新工事  塗装・各種修繕工事
 水質検査  各種清掃業務  排水管清掃  操作盤リレー交換
 ダイアモンドコア  各種点検業務  安全への取り組み  基準料金表 PDF
FRP用パッキン販売  貯湯槽用パッキン販売 消毒液の作り方  制作中 
 消毒液の作り方

貯水槽の塩素消毒

消毒液を調整する場合、使用する水の量と薬剤の有効塩素濃度を考慮して作る。

消毒液を作る(例
5%の次亜塩素酸ナトリウム溶液を仕様して、50mg/ℓの塩素水を500ℓ作る場合の計算法方

50mg/ℓ×500L=50g×0.5㎥=25g

25g×100/5=500g

(上記計算式 貯水槽清掃作業監督者再講習テキストから抜粋)

100mg/ℓ(100ppm)の消毒液の作り方

6%の次亜塩素酸ナトリウム溶液の場合(ピューラックス6%)

簡単に言えば水に対して600分の1の消毒薬(ピューラックス6%)と混ぜれば完成です。

6%
のピューラックス原液を水道水で600倍に希釈すれば100mg/ℓの消毒液ができます。
3ℓの消毒液を制作する場合は5mℓの消毒原液を3ℓの水道水で希釈すれば出来ます。
使用する量に合わせて消毒液を作って下さい。

6%の次亜塩素酸ナトリウム溶液を清浄な容器に1gを入れ、水道水を加えて全量を0.6ℓに混和すれば100mg/ℓの貯水槽清掃に使用する1リットルの消毒液が出来上がる。
最近の貯水槽清掃仕様書等に100mg/ℓで消毒するように指定されている事が多く、弊社では100mg/ℓの濃度で
消毒しています。

50mg/ℓ(50ppm)の消毒液の作り方

5%の次亜塩素酸ナトリウム溶液の場合

5%の次亜塩素酸ナトリウム溶液を清浄な容器に1gを入れ、水道水を加えて全量を1ℓに混和すれば50mg/ℓの貯水槽清掃に使用する1リットルの消毒液が出来上がる。
12ℓの消毒液を作る場合は次亜塩素酸ナトリウム溶液12gに対して水道水を全量12ℓを混和すれば50mg/ℓの消毒液ができます。

12%の次亜塩素酸ナトリウム溶液の場合

参考までに12%の次亜塩素酸ナトリウム溶液の場合は清浄な容器に5gの次亜塩素酸ナトリウム溶液を入れて、水道水を加え全量12ℓを混和すれば50mg/ℓの貯水槽清掃に使用する12リットルの消毒液ができます。

貯水槽清掃時の槽内消毒・道具消毒には50mg/ℓ~100mg/ℓの消毒液を使うことになっています。

※注意 mg/ℓppmは同じ単位である  mℓccは同じ単位である

アドレス